ヨガ と ひつじ @ことこと家

遠田郡涌谷町にある小さなヨガスタジオ ことこと家ヨガスタジオ

ヨガとひつじな週末。

週末はお天気も良く、気持ちのいい日でしたが、皆さんはどのような休日をすごしましたか?

私は昨日一昨日と、このブログのタイトルどおり「ヨガとひつじ」な週末でした。

 

土曜日はヨガの勉強で仙台に行っていました。

(クラスお休みさせて頂き、ご協力ありがとうございました)

ヨガにはいろいろな流派があるのですが、その中のアシュタンガヨガというとてもアクティヴ&ダイナミックなヴィンヤサスタイルのヨガのワークショップでした。講師はアシュタンガヨガを東京で指導されている方で、内容は股関節オープンとヨガセラピー。ヨガのアーサナの中には足を頭の後ろでクロスする、「は?」と目が丸くなるような、とても高い股関節と前屈の柔軟性が求められるアーサナがあります。それらのアーサナの解剖学的側面から見た安全なアーサナへのアプローチや練習方法、それらの効果などなど。そして、ヨーガセラピーとしてのアシュタンガヨーガについての理論の解説とその実践といった内容でした。

 

アシュタンガヨガは体力的にとてもハードで、身体に負担がかかるアーサナも他の流派よりもたくさん取り入れられています。それだけにアシュタンガヨガ独自のポーズのとり方というのもあり、時にはそれは私が習ってきた方法とは異なることもありますが、それが何故異なるのかという事が腑に落ちるなど、学びがたくさんありました。

他の流派ではあまり推奨されない事が、違う流派では良しとされているということも時折見受けられ、混乱しそうになりますが、でもきちんと何故それを良しとしているのかという理由を知れば、なるほどと逆に納得することもたくさんあります。これはヨガだけに言えることではなく、いろいろな環境や場面、人間同士の関係性の中でもいえることだと思います。

 他にもたくさんの学びがありました。それらの学んだ事がヨガに来てくださる方の役に立つよう、クラスで活かしていきたと思います。

 

そして、日曜日。

仙台の東北電力グリーンプラザで開催していた大崎市涌谷町・美里町石巻市といった国道108号線(通称石巻別街道)沿いの2市2町のうまいものが集う『街道を結ぶうまいもの味めぐり2017』に参加しておりました。

 

私の担当は涌谷町の箟岳山にある黄金山牧場のPRです。
黄金山牧場のひつじの毛を使って糸を紡いで壁飾りを作る、というワークショップを開催してきました。

f:id:lemouton:20170213124721j:plain

まずはスピンドルで羊毛に撚りをかけて紡いでいきます。テーブルの上にあるカラフルなふわふわしているのが羊毛です。できあがりをイメージしながら好きな色をつなげて紡いで。

f:id:lemouton:20170213124742j:plain

出来上がり。色合いがそれぞれでかわいい。

これはゴッドアイ(神の眼)という、ネイティブインディアンのお守りので魔除けの意味もあり、玄関などに飾ると、幸せを呼び込むといわれています。

糸を紡ぐのは慣れるまでが結構難しく、苦戦します。でもなんとか皆さん、頑張って完成していました。そしてとても楽しんで頂けたようで何よりでした。

 

 

f:id:lemouton:20170213124801j:plain

 宮城県のゆるきゃらしゅうごう~~~。

(写真は涌谷フェイスブックページから拝借しました)

 

というわけで、まさしくヨガとひつじな週末でした。

 

 

 

 

ひつじ仕事♪

ひつじブログを更新しました。

 

lemouton.hatenablog.com

 

脳の緊張を緩める

昔、高齢者の方の運動指導をしていた友達から聞いた話があります。

身体を側屈(立った状態で上半身を真横に倒していく)する運動を指導するときに、ただ「身体を右側に倒していきましょう」と伝えるのと、(右の手のひらを上にして身体の横に出した状態で)「手のひらの上に水がたまっていってどんどん重たくなって、その重みで身体が右側にどんどんどんどん倒れていきます」と伝えるのでは、後者の伝え方の方がより深く側屈していくんだよ、という話を聞いたことがあります。

 

その話を聞いたのは昔ダンスをしていた時で、その友達もダンス仲間でした。

ダンスではよくイメージをもとにして動いていく稽古をしてました。例えばわかりやすいイメージでいえば、「飛ばされそうなほど強い向かい風の中を歩いていく」というイメージ。もちろん普通に歩くのとは違う歩き方、フォルム、身体の使い方になっていきます。他にも、「歩くたびに膝から水が飛び出す」とか「樹齢三千年の梅の木になる。そして花びらとなって散っていく」などなど、 よくわからない、現実ではありえないようなイメージなんかもあったり(でも現実離れしたイメージほど、身体の質感や動きは日常生活ではないようなものになっていくのでおもしろかったりします)。

 

先日、こちらのブログでもご紹介した、私が東京にいた頃通っていた綿本ヨーガスタジオの綿本先生はイメージでの誘導も多く、踊りの感覚に近いヨガのセッションといった感じのクラスでした(私個人の感想ですが)。例えば「背筋を伸ばす」を「嬉しい知らせが届いた時の背骨」と表現します。「背筋を伸ばす」だとどこかに緊張が走ったり、きちんと伸ばさなきゃといった硬い感じが伴いますが、「嬉しい知らせが届いた時の背骨」ですと、自然とお腹に力が入って嬉しい気持ちと共にすっと背骨が上昇していく感覚で背筋が伸びていく(ぜひその違いを試してみてください)。身体の内側からアーサナが作られていくような感覚が私はとても好きでした。

 

イメージは脳で作られ、そしてそのイメージに身体が反応していく。ただ身体が物理的に動くだけではなく、内分泌(ホルモンの放出)や自律神経も脳で作られたイメージに反応して働いていきます。

 

 だから頭の中で何を考えているか、イメージしているのかはとても大切。

 

否定的な思考やネガティヴなイメージが頭の中を占領していると眉間あたりに力が入って硬くなっていく感覚があります。なんだか脳が緊張している感じです。逆に肯定的な思考、ポジティヴなイメージがあるときには、眉間は緩み、広がり、脳が柔らかくなっていくような感じがします。

 

脳の緊張は身体にも緊張を生み出し、脳がゆるゆる~と緩んでいるときは身体もほっと緩みます。

 

身体がこわばっていると、気持ちにも余裕がなくなってきます。

 

最近すごく思うのが、瞑想は脳をゆるゆると緩めるエクササイズでもあるんだな~ということです。(アーサナは身体にアプローチして脳を緩めていくエクササイズともいえる)

 

瞑想は自分の思考が対象になっていきます。自分の頭の中で繰り広げられるとりとめのない思考や妄想に気が付いて、手放していく。時には否定的な思考ばからりが頭の中を巡っていることもまります。でもそれに気が付いたら手放していく。気が付いたら手放す。これを繰り返していく事で脳の緊張が少しずつ取れてきて、頭と身体が緩んでくる。その状態に慣れてくると、今度は脳が緊張するとすぐに、「あ、今緊張している」と気が付いていくようになります。で、気が付いたらまた手放す。

 

だから、頭の中をゆるゆると。

 

脳を緊張させな~~い。

 

そんなことを最近思いながら過ごしています。

 

https://www.instagram.com/p/BPwNG32huo1/

脳がゆるむ抱っこクッキー♡

 

ヨガに来てくださっている方で、ご自分で焼いた大豆粉使用のパンやお菓子を持ってきてくれるんです。大豆粉のものは味も優しくて糖質も少なく身体に良いんだそう。

Nちゃん、いつもありがとう!

 

 

 

 

 

1月 おとなの手芸部

よなよなちくちくあみあみするおとなの手芸部

年が明けてくがね創庫での合同作品展も終え、久々の部活でした。

みんなそれぞれ新しい作品のとりかかりはじめ、あらたにわくわく。

 

f:id:lemouton:20170130215004j:plain

こちらはモチーフを繋げて仕上げにはいった作品。

 

f:id:lemouton:20170130215014j:plain

ハワイアンキルト。まずはしつけから。

 

f:id:lemouton:20170130221225p:plain

部長は靴下を編むのにはまっているそう。

 

f:id:lemouton:20170130215048j:plain

私はストールに挑戦♡ 冬の間にまにあうかな、、?

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

1月に行われた合同作品展。おとなの手芸部も初参加!

f:id:lemouton:20170130215549j:plain

おとなの手芸部はハワイアンキルトと編み物。

 

f:id:lemouton:20170130215612j:plain

部長の力作。

 

f:id:lemouton:20170130215701j:plain

糸紡ぎも番外編で展示させてもらいました。

 

f:id:lemouton:20170130215731j:plain

お気に入りのひな飾り。

 

f:id:lemouton:20170130215751j:plain

とり年なんで。とりとりとり。

 

f:id:lemouton:20170130215823j:plain

めんこい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月の手芸部は13日(月)19:30~21:00 です。

部員さん若干名募集しております♡ 初めての方でも歓迎です。

ご興味ある方はことこと家までご連絡ください。

 

 

 

綿本彰さんのワークショップ

先日のブログでご案内した綿本先生のワークショップ。

www.yoga.jp

こちらは参加費10,000円ですが、3人以上でまとめて申し込むと8,000円になります。ということで私の方で参加したい方を募ったところ今のところ4名になりました。今週いっぱい受け付けますので(土曜日まで)、参加希望される方は28日までに私までご連絡ください。こちらはまとめて三名以上で申し込むと割引になるということなので、後から追加で参加したいという、という場合は割引対象になりませんのでご注意くださいませ。(もちろん、後からでも三名以上集まれば割引対象になります)

 

私の方にすでに参加表明して頂いている方には、正式に申込み完了後ご連絡いたします。

 

こちらのワークショップはテキスト持参ですので、参加する方はテキストを入手して頂いて、目を通しながらポーズをとってみたりしてみるとワークショップ当日の学びが一層深まるかと思います。

 

当日、皆さんとわいわいと仙台までヨガしにいくのが楽しみです♪

 

https://www.instagram.com/p/BGOVGVqlM9y/

みんなで、わいわい。笑

 

 

2月 スケジュール

2月のスケジュールを更新しました。

下記リンクからご確認ください。

 

2月スケジュール

 

<ご予約方法> 受講の際はご予約ください。
・お名前&人数&ご希望の日時を記入して morinohito08☆gmail.com  (☆を@に変えてください)までお送りください。

・ご予約は当日でも受け付けておりますが、前日の18:00までにご予約が入らなかったクラスはお休みとさせて頂くことがあります。

※PCからのメールを着信拒否に設定されている方は、こちらからの返信が届きませんので設定の変更をお願いいたします。@gmail.com からのメールが受信できるようお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

先日、日帰りで岩手はげとう高原スキー場に行ってきました。

夫はボードで、私はスキー場施設に隣接している温泉「兎森の湯」でゆったりと。

この温泉の露天からの景色が最高でした。

で、この温泉の休憩所が全面ガラス張りでこれまた景色が良く。。

 

https://www.instagram.com/p/BPSNN1CBm2a/

 

https://www.instagram.com/p/BPSNWwshmJK/

 

夜に向けて刻々と移り変わる空の色を眺めておりました。

 

幸せなひととき。

 

(露天風呂も上の写真と同じ景色が眺められます)

 

 

来月も皆様とヨガができるのを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

おうかくまく

先日のあさいちというNHKの番組で横隔膜が特集されていました。

横隔膜とは胸腔と腹腔の堺にある呼吸に関わる筋肉のひとつです。

横隔膜の上には心臓と肺が、下には胃や腸があります。

f:id:lemouton:20170123103204j:plain

(写真:「みえる人体」Steave parker著)

上の図にあるように、横隔膜が収縮して下がって胸腔が広がることで圧が下がり吸う息が入ってくる。逆に横隔膜が上がって胸腔が縮小することで圧が上がり吐く息が出ていく。呼吸はたくさん吸うから胸が広がるのではなく、胸が広がるからたくさん吸えるのです。

 

さらに。

f:id:lemouton:20170123105247p:plain

(写真:「身体運動の機能解剖」Clem W.Thompson, R.T.Floyd著 )

 

胸腔を作っている肋骨にはこんなにたくさんの筋肉がついていて(横隔膜も肋骨についています)、これらすべての筋肉が連動してスムーズに働くことで呼吸を深く行うことができます。吸気筋は胸郭を広げる筋肉、呼気筋は胸郭を縮小させる筋肉です。

 

わかりやすいビデオがありました!

www.youtube.com

 

 深く吸おうとすると胸の前側だけが広がって胸を突き出すようにしてしまうこともありますが、ビデオのように胸郭全体、背中側の肋骨も広がっていく呼吸の方が深い呼吸になっていきます。

クラスでも腹横筋(天然のコルセット)を意識して呼吸をしたり、肋骨に手をあてて呼吸をしたりして、お腹と胸が波打つように呼吸をしている身体を感じたりしていますが、その波打つような動きはこれらの筋肉が連動して働いていてくれている賜物なのです。

 

で、肩が凝っていたり、普段の姿勢の影響で胸郭周りの筋肉がかたまっていると、自然と横隔膜の動きが制限され、呼吸が浅くなっていきます。ということをあさいちでやっておりました。

 

番組ではめちゃくちゃ肩こりがあり、呼吸があがりやすい傾向があるという43歳・主婦のAさん(仮)がモニターとなって、肩ほぐしエクササイズ、胸ほぐしエクササイズ、横隔膜を鍛えるトレーニングを一週間、自宅で続けたところ以下の改善点がありました。

・息を吐く力測定~ 75歳レベルだったのが62歳レベルまで若返った。

・横隔膜の動きが1.8cmだったのが4.8cmまでアップした(女性正常可動域は3~4cmとのこと)。 

・肩の筋肉の硬さが、左右とも標準値を超えていたのが、左右とも標準値以下になり肩こりが解消された。(特に左肩が硬く、実際に左の肩が右肩よりも見た目でも上がっていたのが、左右とも同じ高さにそろった)

・猫背がなおった

・ウエストサイズが77cm→68cmにダウンした(体重は変わっていないとのこと)。

 

トレーニングやエクササイズ自体は大変なものではなく、ちょっとの隙間時間にできるものでしたよ。ヨガのアーサナにあるある、呼吸法でやるやる、というものもありました。

 ※エクササイズやトレーニングの詳細はあさいちHPにあります。↓

 スゴ技Q ~肩凝り・だるさスッキリ呼吸法~横隔膜をサボらせない!|NHKあさイチ

 

横隔膜はコアユニットとかいわれるいわゆる体幹を構成している筋肉でもありますし、大腰筋といって上半身と下半身を繋いでいる筋肉とも繋がっていますので、やはりとても大切な筋肉なんです。(どんな小さな筋肉だってどれも大切だけど!)

 

で、モニターのAさんは毎日このエクササイズを一週間継続しました。

 

ま・い・に・ち   です。 (あ~。耳が痛い。という声が聞こえてきます。笑)

 

もちろん週に一回のヨガでもゆるりと変化は表れますが、”毎日のちょっと”が大切です。ヨガをした後は肩こりなど楽になるけど、2~3日するとすぐに戻ってしまいますという方も多いです。

 

肩が凝っている、肩で呼吸してしまっている、猫背、疲れやすい、などなどお心当たりの方は継続したエクササイズをぜひ。

 

あと、緊張癖のある方、~しなければならないという思考、否定的な思考は身体に緊張をつくります。首肩回りに力が入りやすかったり、みぞおちあたりもかたまりやすいです。こういう方も身体をほぐしてあげることで、呼吸が深まってリラ~~ックスしていけるのかなと思います。

 

番組で紹介されていたほぐしエクササイズはヨガのアーサナでクラスでもやっています。上のリンクを読んでも、やり方が良く分からない場合はクラスの時にやり方をお伝えしますので、お声掛けください。

 

身体を良い状態にしておいてあげると、気分もよいよい♪

 

今週もヨガで気分UPしていきましょう☆