ヨガ と ひつじ @ことこと家

ことこと家ヨガスタジオ 宮城県遠田郡涌谷町

柳生直子先生WS @仙台

先日、仙台にて柳生直子先生のアイアンガーヨガWSを受講してきました。

アイアンガーヨガとはB.K.S.Iyengar(アイアンガー師)によって編み出されたヨガのメソッドです。現在、いろいろなヨガスタジオで使われているプロップス(道具)〜ボルスターやブロック、ベルト、ブランケットなどの、アーサナをサポートしてくれる道具は、このアイアンガーヨガのメソッドからうまれたものです。それらのサポートがあることで、その人の身体にあったアーサナをとることができ、無理なくアーサナととることで、骨格が整い、余分な力みが抜け、呼吸が深まりやすくなります。

 

そして、柳生直子先生はアイアンガー師の直弟子であり、この日本で精力的にアイアンガー師の教えを伝えてくださっています。

 

東北ではアイアンガーヨガを学べるところは少なく、仙台で学べるのは貴重な機会。利府にあるシュリーヨガスタジオで毎年柳生直子先生をお迎えして、WSを開催してくれています。

7月7日開催の今年はなんと7回目の開催だそうで、なんともめでたい。私も参加は4回目?5回目?? とかの参加かな?

 

今回は呼吸、プラーナ(気とかエネルギーのこと)がメインでした。それらを軸にアーサナを積み上げていくというのがすごく面白かった。とても丁寧に体の細部に意識を向けながら、積み上げていく。同じアーサナでもどんどん感覚が変わっていく。頭の中にあった知識が腹落ちしていって、経験に変わっていく面白さ。それを身体で体感できる喜び。

 

呼吸はヨガではとても大切で、アーサナという形にエネルギーを吹き込むのは呼吸なわけで。そこがなければただのポーズになってしまう。

もちろん、どんなときだって息はしてるけど、ただ吸って吐けばいいというわけでもない。説明は難しい。あとは実践しかない。というか実践しないとわからない。

 

なので、皆さん、ヨガしましょう。笑

 

今回も直子先生は、アイアンガー師、そして今は亡きアイアンガー師の後継者の方々からの教えを惜しみなく伝えてくださり、その熱い想い、暖かい心に包まれた幸せな時間でした。

 

頂いた教えを少しでも皆さんにお伝えできるよう、学びを深めていきたいと思います。

 

直子先生はブログを毎日更新しています。

ヨガの事、とてもわかりやすい言葉で綴ってくれています。直子先生のブログを読んでいればアーサナもきっと深まっていくことと思います。

柳生直子とチャタローのアイアンガー・ヨガ

チャタローくん(ワンちゃん)、かわいい。

 

f:id:lemouton:20190710233852j:image

こちらはコトコト家のアイドル、ココ。

(写真と本文は関係ありません。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月 スケジュール

7月のスケジュールです。

《ことこと家ヨガスタジオ》

・火曜 19:30〜21:00 ハタヨガ・ベーシック

・水曜  19:30〜21:00 ハタヨガ・フロー

・金曜  19:30〜21:00 ハタヨガ・ベーシック

・土曜   10:00〜11:30  ハタヨガ・ベーシック

◎7/13(土)~15(月)まで研修のため、13日のクラスはお休み頂きます。

 

涌谷町地域総合型スポーツクラブ》

・木曜  13:30~15:00. ハタヨガ・ベーシック

◎場所は涌谷町公民館になります。

 

・・・・・・・・・・

クラスの空き状況は下記のリンク先のカレンダーでご確認いただけます。

[満]がついているクラスはキャンセル待ちでの受付となります。   キャンセルが出た場合は[満]が消えます。

カレンダー↓

https://freecalend.com/open/mem26257_date201907

 

f:id:lemouton:20190630221638j:image

天井にもグリーンを吊るしました。

仰向けの時に愛でてくださいね。

 

7月も皆さまとヨガができるのを楽しみにしています!

 

 

 

 

ヨガ部屋 セルフリノベ 後半

 後半です。

前回は壁のパテ塗り、天井のペンキ塗りまでで1週間。

GW中には終わらせる予定が全く終わらなく、気は焦るのみ。。

 

ドアのbefore & after

f:id:lemouton:20190610215548j:image        f:id:lemouton:20190620213656j:image

 

f:id:lemouton:20190620213231j:image        ペンキを塗って、ドアノブも取り替えて白く塗りました。

このドアとノブですが、そのまま塗るとペンキが乗らないような材質だったので、ミッチャクロンという、ペンキがのりにくい金属などの素材に最初に塗布することで、ペンキがのりやすくなるというのを2度塗り。その上にペンキを2度塗り。なんでも2度塗りなので、ちょっとしたことでもほんとに時間がかかります。

でもいい感じでドアが完成。


そしてやっと壁に取り掛かる。

壁は漆喰を塗る事に決定。

 

漆喰を塗る前に、天井に塗ったようにガードシーラー(壁から浮き出る汚れをガードするもの)を、

これまた2度塗り。一回塗っただけでいいんじゃないかなぁ、、、と楽をしたい衝動に駆られるも、でもここで手を抜いて、漆喰を塗ったあとに壁の汚れが浮き出てきた!

となっても取り返しがつかないので、ここは諦めて2度塗りにとりかかる。


f:id:lemouton:20190610215453j:image一度塗りめ。


f:id:lemouton:20190610215527j:image  2度塗り完了。
f:id:lemouton:20190610215551j:image  ドアの養生。

 

そしていよいよ漆喰塗りに取りかかれる!!

と思いきや、養生の仕方が適当だったことに気がつき、再度養生し直す。

f:id:lemouton:20190620213940j:image  漆喰の下地塗り用の養生、本塗り用の養生と漆喰の厚みの差分を考慮した手のかかる養生。めっちゃめんどくさい、と思いましたが、後で後悔しないように黙々と作業にとりかかる。

マスキングテープ足りないじゃん!!  と買いに行ったり。

どんどん時間が過ぎていく。。

 

そして、やっと、やっと漆喰塗り!!

f:id:lemouton:20190610215624j:image      f:id:lemouton:20190610215531j:image   

漆喰は練ってあるものがダンボールに入って届くので、そのまま蓋を開けて塗り始められます。

作業中は余裕がなく写真を撮っていない。。

 


f:id:lemouton:20190610215605j:image   漆喰の下地塗り終了。
f:id:lemouton:20190610215545j:image   乾くのを待って翌日から本塗り開始。

一日で全部は塗り終えられないので、面ごとに仕上げていきます。

ヨガクラス再会の日にちを延期して、ひたすら漆喰をぬりました。

追われるようにやっていたので、後半は泣きそうになりながらも無心で塗り続けました。

きっと締め切りがなくて、のんびりと塗るぶんにはもっと楽しかったと思います。

でも楽しかったけど。

 


f:id:lemouton:20190610215609j:image    漆喰の本塗りが終了ーーーーーーーー!!

予想通り、塗り終わる頃にコツをつかんでちょっと上達しているというパターン。

養生を剥がす時の気持ち良さったら。

漆喰はなんと下地と本塗りで計100kgほど使いました。


f:id:lemouton:20190610215602j:image  元クローゼットの壁もぬりぬり。

そして、、、、、、、、

Before

f:id:lemouton:20190620231054j:image
f:id:lemouton:20190620231050j:image

After
f:id:lemouton:20190610215558j:image    できた!!!   

f:id:lemouton:20190610215508j:image  ヨガスタジオっぽい。笑

 

Before

f:id:lemouton:20190620231216j:image

 

After
f:id:lemouton:20190610215518j:image   


f:id:lemouton:20190610215503j:image    

f:id:lemouton:20190610215521j:image


f:id:lemouton:20190610215539j:image  漆喰は塗り跡を残すように仕上げました。

すごい満足。。。

 

漆喰は除湿・消臭作用があるので、空気を清浄してくれます。

そしてこのおしゃれ感。

漆喰を塗らずして何を塗るのだ!  という勢い。笑

 

f:id:lemouton:20190620213237j:image     水面のようなライティング。

 

f:id:lemouton:20190620213524j:image        f:id:lemouton:20190620213520j:image   再開にあたり、なんとお花をいただきました(涙)。

 

f:id:lemouton:20190620213614j:image    漆喰とドライフラワー。   

 

なんだかんだと完成まで3週間かかりました。

後半は本当に半ベソかきながら、ただただひたすら作業していました。

 

終わってみた感想は、DIYをなめていた、です。

べつに家具を作ったりするわけでなく、だた塗る作業だけでしたが、大変。。。。

想定外の作業が多かった。

ノリで気軽に始めてしまったので、締め切りもあったから勢いで乗り切れた。

こんなに想定外の作業があるとわかっていたら、多分その時点で心が折れていたとおもいます。

ノリって大切。勢いも大切。そしてめげない心。

 

なんとか、どうにかこうにかで3週間かかりましたが、ヨガクラスを再開できました。

待ってくれていた生徒さんには感謝しかありません。

ありがとうございました。

 

漆喰塗り、興味ある方はお声がけください。

道具ありますし、塗りに行きますよ。

 

結構楽しいですよ。

 

さぁ、今週もことことヨガ部屋でお待ちしてます!

 

 

 

 

 

 

 

ヨガ部屋 セルフリノベ 前半

突然ですが、ことこと家ヨガスタジオの場所が変わりました。

諸事情により、今まで借りていた場所が急遽使えなくなり、新しい場所を探す事に。

それがちょうどGW前のこと。いろいろと考えたのですが、自宅に空いている(物置になっていた)部屋があり、ひとまずはそこを使えるようにしよう!ということでリノベーション決定。

天井と壁紙もうっすらと汚れていたので、天井を塗って、壁は珪藻土とか塗りたいよね、と夫と気軽に話していました(初めから自分達でやるつもり満々)。GW明けには終わるでしょ、なんて目論んでいたのですが、これが論外。なんだかんだとクラスうを再開できたのが5/21。3週間かかりました。

そんなDIYビフォー&アフター ご興味ございましたらお付き合いください!

・・・・・・・・・

まずは物置と化していた部屋の片付けから。

東京から涌谷に引っ越してきた時の、使わない荷物がここに放り込まれていました。ほどほどに足の踏み場があるくらいの物々しさてありましたが、、

写真は片付けた後。

f:id:lemouton:20190527223325j:image

f:id:lemouton:20190527223359j:image

物が片付いてさっぱり。

日中から始めて、あっという間に夕方。

さぁ、この部屋がどんなヨガ部屋に変わっていくのか!?

 

翌日。

壁と天井を拭いて汚れを取り、穴が空いているところはパテを塗って平に。
f:id:lemouton:20190527223254j:image


f:id:lemouton:20190527223414j:image

 

で、養生したりなんだりしてたら、あっという間に夕方。
f:id:lemouton:20190527223206j:image

やっとここまで。。


f:id:lemouton:20190527223436j:image

のんきな猫先生の見回り。


f:id:lemouton:20190527223433j:image

そう、この部屋は西日部屋なので、夕空が眺められます。

 

翌日。

天井にガードシーラーを塗る。

シーラーは、壁などにペンキを塗った後に、壁の汚れやヤニが表面に滲み出てこないようにガードする役割のもの。

これを2度塗り。
f:id:lemouton:20190527223212j:image
f:id:lemouton:20190527223342j:image

 

f:id:lemouton:20190527223423j:image

はい、三日目(ゴールデンウィーク)終了。

ゴールデンウィークは仕事も途中入っていたり、一泊の旅行にいったりで、ほぼほぼ片付けと準備で終わってしまった。。。

GW前の余裕は一切!なくなっていました。

 

そして、平日は日中の仕事が終わってから作業、という日が続いてく。
f:id:lemouton:20190608224030j:image

なんとか天井のペンキ塗りを終了。

枝の長いローラーで2度塗り。天井だけ!!綺麗。

そしてGW中に注文していた照明器具が届き早速つけてみた。こういう時ってめっちゃ嬉しい。

f:id:lemouton:20190608224436j:image

これは、クラス後半のリラックスタイム用の照明。シャバアーサナの時に天井に光の模様が見えたら綺麗だろうな、、、、と、これを選びました。若干イメージとは違ってはいたものの、まあ良し。(コードの長さを調節することで、天井への映り込みが変わってくる)

 

だいぶテンションがあがったけど、よくよく考えてみるとまだ天井のリノベが終了した段階。完成までは程遠い。。


そして別日。

窓枠に木目模様のシートが貼ってあって、なんだか嘘くさい感じだったので、シートを全部剥がしてやすりがけ。窓枠は木のナチュラル感を活かすことに。

f:id:lemouton:20190608220701j:image

剥がした後に、オイルステンを2度塗りしてから更にやすりがけ(塗って乾く前にヤスリをかけるとオイルが馴染むとのこと)。

f:id:lemouton:20190608220650j:image

こっちの方が素朴で良し。

 

しかし、ほぼほぼ全部塗り物系はほぼ2度塗りなのだ。。途中乾くのを待つ時間も入る。想定外の出来事(っていうか、無計画すぎ) 。


そしてもうひとつ発注していた照明が届き、早速設置。こちらはクラス前半のアーサナの練習の時用。レール式のスポットライトを取り付け。(照明に関しては、買いに行く時間もないし、ネットで探しまくって、だいたいこんな感じだろうなぁ、、という勘?イメージ?無鉄砲?で決めてしまった)


f:id:lemouton:20190527223350j:image

 

ここまででだいたい1週間強。仕上がったのは天井のみ😭

 

ひとまず前半はここまで。

つづく。。



 

 

 

 

音浴 / 環境と呼応する身体

箟岳山は箟峯寺にある仁王堂は茅葺き屋根の木造家屋。

f:id:lemouton:20190604225102j:image

今回はこの仁王堂をお借りして、クリスタルボウルと三昧琴の音浴を開催しました。

 

築年数100年はゆうに超えている家屋。

まるでおばあちゃんの家に集まった親戚たちのよう。

f:id:lemouton:20190604224609j:image

 

サウンドバスとは、身体に入ってくる音の振動、響きを、まるで温泉に浸かっているように味わいます。

 

面白い事に、身体に緊張があると音が浸透していかない感覚がある、ということで、まず最初に身体を緩めるワークを、音の奏者であるかなえさんがリードしてくれました。

かなえさんは、音という視点からいろんなお話しをされるので、それがとても面白い。

普段気がついていない事に気づかされたり、いつもの見慣れた風景が新鮮味を帯びたり。

f:id:lemouton:20190605065143j:image

 

寝ころがったりお好きなように過ごしてください、とアナウンスしていましたので、皆さん枕やブランケットを持参。

寝っ転がって、音の響きに身を委ねていると、まるで宇宙を漂っているような感覚がたまらない。。

f:id:lemouton:20190604224653j:image

 

f:id:lemouton:20190604225021j:image

f:id:lemouton:20190605065727j:image

 

右が三昧琴というチタンでできた楽器。

左がクリスタルボウル。

 

三昧琴の響    

※写真クリックするとインスタにとびます。

https://www.instagram.com/p/ByMm0QPhjvM/

 

クリスタルボウルの響

https://www.instagram.com/p/ByNUXC5hP-b/

 

今回は会場が山の頂きに近いところだったので、環境も最高でした。

聞こえてくるのは、鳥のさえずり、風のざわめき、木々が揺れる音、、、。

それらの音と楽器の音、身体が呼応し合う境目のない世界。

静謐で豊穣な時間。

 

f:id:lemouton:20190605070742j:image

終わった後の撮影会。笑

サウンドバスの時間は撮影はお断りしてました。なぜなら意識の状態が変わるから。写真を撮るというアクティブな行為は、ある意味で身体に緊張をもたらすため、音が身体に響く感覚に影響をもたらします。

でも、、ほんとに、この時の音の感覚は、寝っ転がっている時とは違っていました。身体に浸透する感覚が違う。響きが弱まる感じ。

これも新たな発見でした。

 

私達の身体は、意識する、しないに関わらず、絶えず周りの環境と呼応し合い、変化し続け、そしてそれが私達の意識にフィードバックされている。となると、やはり身を置く環境というのはとても大切なのだなと、改めて感じたサウンドバスでした。

 

 

奏者の川村かなえさん、

会場を貸してくださった仁王堂のご住職、

そしてこつこつと仁王堂の内装に励んでいたご住職の奥様の美紀さん。

そして、箟岳山まで足を運んでくださった皆様。

 

本当にありがとうございました。

 

 

箟岳山観光

「箟岳山(ののだけやま/ののだけさん)は宮城県遠田郡涌谷町の、ほぼ中央部にある標高236mの山である」( wikipediaより)

 

6月2日に開催するクリスタルボウルのサウンドバスの会場となっている仁王堂は、この箟岳山の頂上にある箟峯寺(こんぽうじ)の敷地内にあります。

 

ぜひ箟峯寺にお参り頂ければ嬉しいです。

ひつじのいる牧場🐏もありますので、箟岳山を堪能して頂ければと思います♡

 

箟峯寺 観音堂

f:id:lemouton:20190531225611j:image

f:id:lemouton:20190531230124j:image

f:id:lemouton:20190531231417j:image

箟峯寺の観音堂は今年、宮城県有形文化財に指定されました。

 

 

こわかわいい仁王像

f:id:lemouton:20190531230154j:image

f:id:lemouton:20190531230205j:image

 

 

 

箟峯寺の境内からの眺め。

f:id:lemouton:20190531225829j:image
f:id:lemouton:20190531225822j:image
f:id:lemouton:20190531225817j:image

登米石巻方面が見渡せる美しい景色。

 

樹齢900年の杉の木

f:id:lemouton:20190531225910j:image

悠久の時を経た杉の木がいくつかそびえています。

 

 

そして会場の仁王堂

 

f:id:lemouton:20190531230021j:image

仁王堂は涌谷町の文化財に指定されています。

 

そして、箟岳山といえばもうひとつ。

ひつじ 🐑🐑🐑

黄金山牧場 があります。

黄金山牧場 - ホーム | Facebook

 

f:id:lemouton:20190531230753j:image

のんびりと草を食べてくつろいでいるヒツジ達を見てると癒されます。。

秋には牧場で栗拾いができます🌰🌰🌰

箟峯寺から少し下った山の斜面にあります。

 

ぜひ箟岳山を楽しんでいってくださいね。

 

私を支えるベース

先日、クラスお休み頂き、東京まで勉強に行っていました。ありがとうございました。

 

今回は呼吸の2日間集中講座でした。

2日間、呼吸だけ。

 

ヨガでも呼吸法などありますが、今回の呼吸の講座はヨガの呼吸法ではなく、普段私達が日常生活で行なっている呼吸を扱ったものです。

 

1日でおよそ3万回近い呼吸を私達は繰り返しています。休むことなく24時間。その呼吸の状態は私達のマインドや、健康状態に影響を及ぼします。音楽で例えると、呼吸はその音楽を奏でるベースを作るリズムのようなものです。

激しいリズムは気分を高揚させますし、落ち着いたリズムは私達の気分、心を落ち着かせてくれます。

呼吸も然り。

呼吸は私達の命のベースとなるリズムと言っても過言ではないと思います。

 

浅くて早い呼吸は、どこか落ち着きがなく、あまり心が安まるということがない。

逆に深くゆったりとした呼吸は、緊張を解き、心にもゆとりをもたらしてくれます。

(これらは逆も然りです)

 

身体に過度の緊張があったり、また身体に緊張をもたらす思考のパターンがあると、本来はいきいきと繰り返されるはずの呼吸が浅くなったり、呼吸のリズムが不自然なものになってしまいます。身体の本来の欲求に伴っていない不自然な呼吸は、身体に不調をもたらす要因になります。

 

逆に、身体にアプローチして、身体をゆるめ、呼吸が通る身体に近づけることで、不調が改善されたり、マインドにも余裕ができたり。

 

それぐらい呼吸は、とっても大切なもの。

 

「今の自分の呼吸は?」

 

「マインドを左右する今のベースのリズムは?」

 

日常生活の中で自分に問いかけることで、その時の呼吸、自分の状態に気がつくことができます。気がつけば調整することができる。調整することで行動に変化がおきます。

 

そんな小さな積み重ねが今の自分をかたちづくる。

 

また、自分に問いかけ、感じてあげる行為は、自分自信に愛情を向けることと同じです。

愛情を向けなければ、仲良くはなれません。

 

呼吸整えることが大切なのではなく、愛情をもって、呼吸と、身体とコミュニケーションを持つことが大切なこと。そうすれば自ずと呼吸も変わっていく。。

 

呼吸の大切さ、改めて思い知った二日間でした。

 

f:id:lemouton:20190501173831j:image


f:id:lemouton:20190501173835j:image

 

写真は原宿にある東郷神社

今回の会場が原宿にあり、久々に原宿へ。

喧騒の竹下通りからちょっと入ると、こんな静かな空間があるんです。

この道はむかーし、昔の通勤路。んん10年ぶりに行ってみました。

いろんな思い出がフラッシュバックしてきて、呼吸が早まりましたよ。笑