ヨガ と ひつじ @ことこと家

ことこと家ヨガスタジオ 宮城県遠田郡涌谷町

日常に寄り添うバガヴァッド・ギーター(11/14)

月に一回、ことこと家ヨガスタジオではプレーマ・ヨギーニー先生にバガヴァッド・ギーターをお話して頂いています。

前回の内容はこちら ↓

kotoyoga.hatenadiary.jp

 

私たちを取り巻く三つの物質自然の性質、サットヴァ(徳性-清らか・幸福といった純粋な質)、ラジャス(激性-欲望・競争心といった活発な質)、タマス(無知性-怠惰・混乱といった鈍質)。


「ラジャス(激性)から何がしかの対象を楽しみたいという欲望が起こり、それはやがて怒りに変わる。それこそ真に恐ろしく、すべてを飲み干してしまう。この欲望こそこの世の大敵である」(BG 3章37節) ※BG=バガヴァッド・ギーター
ではその欲望をコントロールするにはどうすればいいのか?

これが欲しい、こうなって欲しい、という欲望が起こる(この欲望は自分が満たされたい、自分の感覚を満たしたいという物質的欲望)、そしてそれが満たされないとイライラしたり、「なんで!?」と怒りの感情が湧いてくる。大抵、人との揉め事とか喧嘩って、この怒りが原因じゃないですか? 怒りが強いと最終的には破壊という結果しか残らない。人間関係の破壊、物の破壊...。まさにタマス(混乱・狂気)の状態。そう、ラジャス(激性)の欲望がタマスという結果を導く。サットヴァ(幸福感)は微塵も無い...。
いったいこの状況の悪化を招く欲望は私たちのどこに潜んでいるのか? 

 

そもそも。
私たちの本質は魂であり(真の自我)、その魂は「私が、私は」といった「私意識」のエゴ(偽の自我)に覆われているとギーターでは伝えています。
エゴが強い人は、私が満足したい、これは私のものだ、私が、私がと私ファーストとなる。(もちろん多かれ少なかれ皆エゴはありますね)

私たちの身体やエゴなど、この世界に現象として現れている物質的なものは全て3つのグナの影響を受けます。(エゴや心も目には見えないけど幽かな身体として物質にジャンル分けされます)

が、魂は精神的なものであり、物質とは別次元。魂の本来の性質はサット・チット・アーナンダ(永遠で知識(意識)に満ち、至福である)といった超純粋な質。
他の生命の喜び、相手の喜びをまず第一に思い、見返りを求めない純粋な愛。
この超純粋な質は3つのグナの影響は受けないとギーターでは伝えられています。
だから、エゴという覆い(これをヨガでは汚れと呼んでいます)を取り払って、私たち誰もが持っている本来の姿、魂の視点(精神的な視点)、超純粋な質を取り戻していけばグナの影響を受けることもなく、私が満たされたいと言う欲望も自然に消えて、心が平安になりますよと。

そのためには、ギーターでは心が何に繋がっているかが大切だと教えてくれています。 私たちは目に映るもの、耳に入るもの、香り、舌で味わうもの、肌に触れるもの、それら五感の対象になっているものからの影響をダイレクトに受けます。 例えばテレビやネットの広告で自分の大好きなスイーツの映像を見る。何回も目に入る。広告の音楽も脳にインプットされる。そうするとそれが食べたくて仕方なくなる。スイーツの映像と音が頭にチラついて離れない。絶対に食べたくなる。もはや執着。
そしてそれが食べられれば満足するけど、もっと欲しくなったり、それが無いと不安を感じたりするようになる(依存)。それを食べることができないと、満たされない思いが不満に、怒りに変わっていく。そう自分の感覚を満たすことを感覚満足と呼びます。感覚満足は私が満たされたいというエゴを強化していく。そして欲がある限り心に平安が訪れることはない。

なので、心の方向性を超純粋な、物質を超えた精神的なものに繋げましょうねと伝えてくれています。
そうすれば心が自然と整っていき、精神的な知識・知性が育まれていく。
自分が満足するための知識ではなく、相手が喜ぶ知識(相手の弱いところを受け入れて癒すことができる)が精神的な知識。
自分を満たすために行動するのではなく、他者の幸せのために行動することこそが喜びであり、見返りを求めない純粋な愛ですよと。

 

「感覚は物質(感覚の対象)より優れ、心は感覚より勝り、知性は心より勝り、魂は知性より優れている」(BG 3章42節)


「勇者アルジュナよ、このように魂は、五感と心と知性を超えていることを知り、精神的知性で心を制御し、欲望という恐るべき大敵を征服せよ」(BG 3章43節)
アルジュナはギーターの登場人物です。この辺りは追々…。

 

まとめ。

本来の私たちの性質は魂の質である超純粋な質。サット・チット・アーナンダ(永遠で知識(意識)に満ち、至福である)。
が、私ファーストのエゴという汚れで覆われているために、三つのグナ(サットヴァ・ラジャス・タマス)に縛られ、感覚器官(眼耳鼻舌皮膚)の物質対象への愛着とそれが得られない時の嫌悪に振り回されている。そしてそれらが苦しみや不安をもたらす原因である。なので心を超純粋な魂の質(精神性)に繋げれば、エゴという汚れが少しずつ取れて、苦しみや不安が無くなり、心に平安が訪れますよと。

では精神的な質とは具体的には何なのか。
微小な魂と大きな魂など、魂についての詳細、日々の生活をどのように過ごしていけば、より純粋な状態に近づけるのか、がギーターでは語られています。

 

f:id:lemouton:20210103143217j:image


f:id:lemouton:20210103143214j:image

オンラインは東京や秋田からのご参加も🙏

 

次回の日常に寄り添うバガヴァッド・ギーターは、改めてご案内いたします。