ヨガ と ひつじ @ことこと家

ことこと家ヨガスタジオ 宮城県遠田郡涌谷町

謹賀新年 2021/1/1

f:id:lemouton:20210101232307j:image

新年明けましておめでとうございます。

皆様の健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

本年もよどうぞろしくお願いいたします。

 ・・・・・・・・

今年のお正月はどこへも行かず、家に篭るのに適した天候。

冬籠り。

と思いきや、雪も少しあがったので初詣に。

雪の山神社を参拝するのは初めてで、やはり冬には冬の美しさがありますね。

f:id:lemouton:20210101232333j:image

 

昨年は新型コロナウィルスの感染拡大で、アメリカや欧州でのロックダウン、国内でも非常事態宣言など、経験したことのない事態が起こりました(今もなお続いておりますが...)。 一時期はどうなることかと思いましたが、初のオンラインレッスン(ヨガもそうですが、お子さんの学校のオンライン授業なども)、初の試みを沢山経験した年になったかと思われます。

まだまだ気を抜けない状況ではありますが、必要な事を粛々とやり続けながら、心は楽しく生活して行きたいと思います。

 

さっきまで、インドのブリンダーヴァンという吉兆な土地にある、ムンゲル寺院のサドゥマハラージのオンラインのクラスに参加していました。
その中から心に響いた言葉をシェアさせて頂きます。

”イマジネーションがリアライゼーションとなる。もし今苦しみがあるのなら、それは今抱いているイマジネーションがもたらしている。その古いイマジネーションを捨てて、新しいイマジネーションを生み出すことがポジティヴということ。古いイマジネーションを捨てられないのがネガティヴ。だからどんどん新しいイマジネーションを創り出して。”

といった内容でした。

頭の中で何を想像するかは自由!

自由なのに、ついつい古いイマジネーションに引っ張られて自ら不自由になっているのでは? ということにはっとさせられました。

自ら足枷をかけている。

 

2021年、どんなリアライゼーションを望むのか。

 

この一年、想像力たくましく生きていきたいものです。

 

【ロルフィング10】セッション8&9

ことこと家ヨガスタジオでは月に一回、山形からRolfinghouse festaのロルファー、大友さんに来ていただいて、ロルフィングのセッションを行ってもらっています。
既に9回が終了し、残り1セッション。

ロルフィングの詳細はこちら。

www.rolfing-festa.com

 

8〜10は統合のセッションでレシピがないと言います。1~7はそのセッション毎のテーマのレシピがありますが、8~10はないそうです。その時に、必要と思われるところにアプローチをして全体を統合していくと。

 これまでロルフィングを受けてきた感覚だと、ロルフィングは身体だけではなく、身体よりももうひとつ繊細なレベルのエネルギーの身体?にも働きかける、とても繊細なワークでもあると。
なので、全体の統合と聞くと、身体の全体の統合はもちろん、エネルギーレベルとの統合も(むしろそっちがメイン?)というくらいに、スピリチュアル要素強なセッションになるであろうとワクワクしていたのですが、なんとこの8,9セッションにきてやたらと即物的な、めっちゃ痛いセッションになりました。

 

ここしばらくずーっと右膝の内側が痛くて。あぐらになると痛くて、蓮華座ができなくなっていました。歩くのとかは支障なく。一度、どこかの、脚部に触れるセッションの時にアプローチしてもらって、その時は良くなったのですが、また痛くなって。

ヨガをやっていると痛いところがない、というふうに思われがちなのですが、あります。痛くなるというのは身体のアライメント(配置)が良くない状態でアーサナをとっていると、そこに負荷がかかり痛みとして現れます。そういう時は自分の身体の使い方をよくよく観察します。で、これかなーと思い当たる節を改善すれば、その痛みはなくなったりします。

なので、この膝の痛みも使い方が間違ってると思い、お世話になっているヨガの先生に聞いてアドバイス頂いたりして、気をつけていたのですが、でもやっぱり痛みがとれなくて。

前回、セッション8の時に膝を主にやってもらって、その時は大分良くなったのだけど、やっぱり使い方が良くないので練習するたびに痛くなり。正しいアライメントでの使い方は頭にはあるのですが、そのように筋肉が働いてくれない、思うように思うところに力が入らなくてミスアライメントになってしまう...という悪循環。

ということでセッション9もほぼ膝に集中。大体大友さんのロルフィングはほぼ触れているだけのソフトタッチが多いのですが、膝とそこに繋がる腿、臀筋、大腰筋、腸などの膜にじわーーっと圧をかけられ、めっちゃ痛い。でもグイグイ押したりせず、ゆっくりじんわりと、そしてどんどん深層部に入っていくと痛みが和らいで緩んでいくのがわかる。

もう最近は正座ができないくらいに痛かったのですが、なんとか正座ができるまでに。
助かりました....。

やはり、ミスアライメントの状態で筋肉がセットアップされているので、まずは緩めてもらい、ラインを整え、そして新たに正しいアライメントで使って筋肉を再教育していくというプロセスが必要のようでした。
大友さんは以前、整形外科勤務、そしてプロアスレティック選手の専属トレーナーの経験もある方なので、リハビリ的な身体の使い方も教えて頂き、命拾いした感じです(大袈裟)。

最後の方は、いつものソフトタッチのセッションに戻り、穏やかな時間に。
そして最後、「お。通った。」という通った感があり(もうこれは通った感としか表現できない)、その瞬間に視野が少し明るくなり(目は閉じていますが)、そして呼吸が今までにない感じで広がって(深まるのとはちょっと違う感覚)、より意識がクリアになった感がありました。こういうのとても興味深いです。

 

現在、セッションを受けている人は私含め6人。

次回、皆、10セッション終了です。

皆のロルフィングを受けての変化や感想のシェア会的なものをやる予定です。
ご興味ある方もご参加頂けるようにする予定です。

日時は改めてご案内いたします。

 

f:id:lemouton:20201227210550j:image

からだの専門家、大友さん。

 

12/30 呼吸と身体の安定性 

12/30(水)にヨガの生徒さん同士の交流も兼ねて(曜日が違うと会わなかったりもしますね)、広い場所を借りて年末ヨガ納めイベントを企画しておりましたが、涌谷町周辺でも感染が少しずつ出始めていることを考慮して、イベントは中止とすることにしました。代わりに、ことこと家ヨガスタジオにて少人数でのワークショップを行うことにしました。
人数は限られますが、ヨガ納めとしてご参加くだされば嬉しいです。


・・・・・・・
【呼吸と身体の安定性 / アーサナの中で安定を見出す】

ヨガの経典ヨーガ・スートラに、「アーサナ(坐法)は、快適で安定したものであるべきである」と記されています。
よくレッスンでもお伝えしていますが、脚や体幹部分(インナーマッスルとも言われます)がきちんと働かないと、首肩周りで頑張ろうとして首や肩に力が入ります。
下半身(土台や体幹)の安定があってこそ、その上に乗っている上半身が力みなく自由に動くことができるようになっていきます。
そして、快適さは安定感なしには生まれません。例えば、凍った滑りやすい雪道は土台が不安定な状態です。そこを歩くときには肩に力が入り緊張を強いられます。
雪が溶けたコンクリートの道はスキップしても転ぶことがないくらいに安定しています。リラックスして快適な状態で自由に歩くことができます。
それと同じように、身体のどこかに安定した部分があることで、力が抜けてくつろぐことができるのです。

また、体幹部分は呼吸とも深く関係しています。横隔膜が大きく動く深い呼吸は身体の安定性には欠かせません。
アーサナが安定していて快適で、呼吸もゆったりと深まっていけば、私たちのマインドも自然と落ち着き、安定していきます。

レッスンの前半は体幹をしっかりと使うアーサナを練習して、後半は使ったところを緩ませて、ゆったりと過ごしていきます。
マインドを静め、平安な心で新しい年を迎えましょう。

若干、難易度のあるアーサナにもチャレンジしますが、やってみたい!というお気持ちございましたらぜひご参加ください。

日時:12/30(水) 10:00~12:00
参加費:チケットお持ちの方はチケット1回分プラス500円。チケット無しの単発参加は2,000円となります。
場所:ことこと家ヨガスタジオ
・お申込受付は先着順とさせて頂きます。

f:id:lemouton:20201222083314j:image

どんなアーサナであれ、働かせるところ(土台の安定)と緩めるところ(快適さ)を見いだす練習。

 

 

 

登米にランチへ。

先日、ヨガの生徒さんと一緒に、登米にある精進スイーツ結びさんへ行ってきました。

musubitome.com

 

動物性の素材を使わず、登米で育った食材をふんだんに使っている、優しいお料理。

スイーツだけではなく、食事も食べられます。

私もしばらく前からベジタリアン生活に入ったので、動物性の食材を使わないお料理はとても有り難いです。ましてやスイーツまで!!

f:id:lemouton:20201217173423j:image
f:id:lemouton:20201217173426j:image 

(今回はこちらの女子に誘われたのねー。

2人別々に、登米にこんなお店あるので行きませんかーって)

 

東京や仙台などの都市にはベジタリアンヴィーガン向けのお店はたくさんあるかもしれませんが、まさか登米にあるとは、と最初は驚きました。

 

テーブル席が3つしか無いので、ランチは予約した方が確実です。

お肉・魚を使っていなくても十分に食べ応えがあり、美味しい。

料理は作っている人の愛情があらわれます。食べる人へのい思いやり。

それが感じられるお料理は心が自然と満たされます。(別にベジタリアンだろうがなんだろうが関係なく)

そんな料理びとが近くにいて、いつでもその人の料理が食べられる環境があるといいですよね。

 

そうそう、結びさんのすぐ近くに、菜の花さんという自然食品店があり、そちら系のお方にはおすすめの登米スポットになりますね。

 

f:id:lemouton:20201217173346j:image
f:id:lemouton:20201217173350j:image
f:id:lemouton:20201217173353j:image

ヨガじょ、ワンコと戯れるの巻。

 

 

 

 

 

 

 

12月スケジュール

f:id:lemouton:20201128183157j:image

 

冷込みが強い季節となってまいりました。

首、肩、背中が特にかたまりやすい季節。

呼吸と共に丁寧に身体を動かして、内側から暖まり、ほぐしていきましょう。

 

⌘12月のスケジュール⌘

【ことこと家ヨガスタジオ】
(月)19:30 フロー初級
(火)10:00 フロー初級
(水)10:00 ベーシック / 19:30 フロー中級
(金)19:30 ベーシック
(土)10:00 ベーシック / 13:00 フロー初級

◉12/19(土)17:30バガヴァッド・ギーター
◉12/26,27(土日)ロルフィングセッション
◉29日が年内ラストレッスンになります。
◉年末30日(水)午前 何かしら....ヨガ納め的なのを思案中です。確定し次第UPします!

涌谷町総合型スポーツクラブ】
毎週木曜日 
13:30 ベーシック
19:00 ベーシック
・・・・・・・・・・・・

◉少人数制のクラスのため予約制となっています。メールにてお名前とご希望のクラスをお願いします。kotoyoga888@gmail.com
◉レッスンは90分です。アーサナ・呼吸法・瞑想を練習します。
涌谷町スポーツクラブヨガは予約不要ですが、初めて参加される時は公民館までお申し込みお願いします。涌谷町公民館 0229-43-3001

 

・・・・・・・・・・
今月も皆さんとヨガができることを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします。


メンタルヘルスとヨガ

今日は涌谷町高齢者福祉複合施設ゆうらいふ様にて、職員の方を対象とした「メンタルヘルス研修会」の講座としてヨガレッスンを担当させて頂きました。

座学のメンタルヘルス研修の他に、実際に身体を動かして自律神経系の働きに関して学びたい、とお話をいただきました。

身体はよく家に例えられます。
「私」というマインドが住んでいる家。適度な運動、ストレッチをして身体のケアをするのは、家を居心地の良い状態に手入れするのと同じようなもの。居心地の悪い家にいてはあまりくつろげない。
そして身体は動かすことでもほぐれていきますので、ほぐれることで体内の血流やリンパの巡りが促進され、呼吸が深まりやすくなっていく。家で例えると風通しの良い状態。

風通しの良い家で心地良くくつろいでいる...。
ついうたた寝してしまう...。

この状態は自律神経で言うと副交感神経が沢山働いてくれている状態。スロータイム。落ち着いた静かな時間。

 

ヨガのアーサナと呼吸法は身体というお家の手入れに役立ちます。まずは居心地の良い状態を作ってあげること。その事もメンタルヘルスには大切と考えます。

そう、身体と呼吸とマインドはお互いに影響しあっています。マインドに緊張が走れば身体も強張り呼吸も浅くなる。身体が緩まれば呼吸も深まりマインドも静まっていく。ヨガはこの3つにアプローチして自分で自分を整えていく、何千年も前から引き継がれている最強のメソッドなのです。

皆さん、ほとんどがヨガが初めての方ばかりで、ヨガがお役に立てれば何よりです🙏
職員の皆さま、ありがとうございました。

f:id:lemouton:20201112174456j:image

 

続:日常に寄り添うバガヴァッド・ギーター(10/24)

前回 ⇩ の続きになります。

日常に寄り添うバガヴァッド・ギーター (10/24) - ヨガ と ひつじ @ことこと家

 

どうすればサットヴァの質が増えるのか。

ひとつはサットヴァの質に触れること。
サットヴァな質は喜びをもたらしてくれます。満足ではなく喜び。
例えば、すごくイライラしていたりしたとして、気分転換に山や海などの自然が広がっている場所に行ったり、温泉に行ったりすると、とてもすっきりしてイライラが軽くなったり、まいっか、と怒りの感情を自然と手放せたりすることがありませんか? 自然はサットヴァな質そのものです。そう、純粋な生命力。それに触れることでその純粋な質を自然からもらっている。なのでラジャスやタマスが自然と減っていく。

もしくはサットヴァな食物(新鮮な野菜やフルーツなど)を食べる、サットヴァな人(一緒にいるとこちらの心が洗われるような人)と一緒に過ごしてみるなどなど、とにかくサットヴァな質に触れる。とにかく喜びを増やすこと。

 

もうひとつは、私が満たされたい、私はこれが好きだ、私はこれが嫌いだ、私はこれが欲しい、私は〇〇だ...などなどの、この「私意識」=エゴ(偽の自我)を無くしていきましょうと。そのためには、行為の結果を手放す練習をしましょうと伝えてくれています。
私たちは、何がしかの行動をするときに、こういう風になって欲しいからこれをやる、というように、自分の望み通りの結果を期待して行動する傾向があります。そしてその期待通りの結果が得られないとイラッとする。これが対人の場合は、相手が自分の思う通りに振る舞ってくれない時にイラッとしたり、なんで!!?と怒ったり喧嘩になったり..。この根底には「私が満たされたい」という欲望(ラジャス=激性)が潜んでいることが多い。その欲望が強い分だけ結果に執着し、その分だけ怒り爆発...................。


なので、結果はお任せする。そもそも自分の力だけで物事はコントロールできない。「人事を尽くして天命を待つ」の境地。そうすればどんな結果になろうと受け入れざるを得ない。もちろんそこには怒りは起こらないよね、と。結果を手放すということはその時点で欲望も手放しているから。

 

そもそも。
私たちの本質は魂であり(真の自我)、その魂は「私が、私は」といった「私意識」のエゴ(偽の自我)に覆われているとギーターでは伝えています。魂は超純粋なので三性質(グナ)の影響を受けない。エゴはめっちゃグナの影響を受ける。というかがちがちにグナに縛られている。なのでエゴという覆いを取り払って、私たち誰もが持っている本来の姿、魂の視点を取り戻していきましょうね、とギーターは伝えてくれています。

・・・・・・・・・・・・

次回「日常に寄り添うバガヴァッド・ギーター」

・語り手 プレーマ・ヨギーニー先生
・11/14(土) 17:30~19:00 
・ことこと家ヨガスタジオにて
ドネーション 500円頂戴しております
・オンラインでの参加も可能です
・お問い合わせ・お申し込み先 → kotoyoga888@gmail.com

内容は前回の続き、そして掘下げになるかと思われます。そして3章を終えて、4章の「ギャーナ・ヨーガ」(超越的知識のヨーガ)に入っていきます。

ギーターを読み上げながら進めていきますので、ギーターをお持ちでない方もご参加頂けます。また日常生活のあれこれに落とし込みながら進めていきますので、ご興味ございましたらどなた様もお気軽にご参加頂けます。

ご参加お待ちしております!

 

f:id:lemouton:20201107222320j:image

 

花瓶をジョッキの様に持つヨギーニー先生♡