ヨガ と ひつじ @ことこと家

遠田郡涌谷町にある小さなヨガスタジオ ことこと家ヨガスタジオ

ふ く あ つ

腹圧。

漢字で書くとなんだかおもしろくもなんともない感じですが、ひらがなだとなんだか愛嬌があるように感じられますね。。

先日、NHKで血管の特集ありました。見た方いらっしゃいました??
なんと恐ろしい事に毛細血管が消えて無くなっていくという、ひえ~~!!な映像が流れていました。いろいろな理由が原因で(睡眠不足・糖分の過剰摂取、加齢など)、毛細血管への血流が無くなることで毛細血管が消えていくというゴースト血管現象。血管は細胞に酸素や栄養素を送っている役割があるので、消えた毛細血管の周囲の組織の機能が衰えていく→肌のたるみや臓器の機能の低下、骨粗しょう症認知症などをもたらすとのこと。

そりゃぁ、酸素と栄養がなければ生きてはいけないわな、、と思いつつ、だからって血管自体が無くならなくてもいいんじゃない??とそのシビアさに痺れました。使われない筋肉の機能が低下していくのと同じですね。。 さすがに筋肉は消えてしまったりはしませんが。。 

で、血管が消えてしまわないためには、もちろん睡眠をきちんととる、暴飲暴食をしないなどという生活習慣の乱れを正すことと、適度な運動で血流を促すのが大切とのこと。

で、第二の心臓といわれているふくらはぎを使って血流改善!(ふくらはぎの筋肉が伸び縮みする事で血管に圧が加わり血流が下から上へと登っていく)ということで、スキップが推奨されていました。で、もうひとつが深呼吸。深呼吸をして横隔膜を動かすのが良いと。
でしょ?でしょ?? やっぱり横隔膜よね、いいこと言うね先生、なーんてキャッキャしてたのですが、が、テレビではこの横隔膜を動かすことの大切さはさらっと流されて、ふくらはぎメインの進行になっていました。ちょっとがっかり。

この横隔膜の運動(横隔膜も筋肉)もかなり大切です。
もちろんふくらはぎの運動も大切だけど、横隔膜を使った呼吸をすることで横隔膜を含むインナーマッスルのユニット全体が働いて、腹圧がかかり、内臓にも刺激がいき血流が促されます。また横隔膜を動かす腹式呼吸をすることで副交感神経が活発になり、末端への血流も促されます。
いいことだらけ。

これは私の実感ですが、ふくらはぎを使うことで下半身末端からの静脈・リンパの流れが心臓に向かうのを助け、横隔膜を動かすことで体内に刺激を与え身体の内側からの血流を促す。外から内からといった感じです。どっちも大切ですね。

ヨガでも呼吸法やアーサナで横隔膜を動かして、腹圧をコントロールしていくことが大切だったりします。そこを意識するかしないかで、アーサナの深まりにも違いが出てきます。この腹圧というのはとても奥深いです。

ということで  ふ く あ つ 。

クラスでも愛嬌のある感じでいきたいと思います。

f:id:lemouton:20180404073504j:image

スタジオのジャスミンの花が咲き始めました❤︎