ヨガ と ひつじ @ことこと家

ことこと家ヨガスタジオ 宮城県遠田郡涌谷町

[ロルフィング10]2

ロルフィング10シリーズ セッション2。

セッション1の様子はこちら

[ロルフィング10]セッション1 - ヨガ と ひつじ @ことこと家

[ロルフィング10]1-2 - ヨガ と ひつじ @ことこと家

 

セッション2のテーマは「大地に根付いた足」

10シリーズについてはこちら。

東北 山形|ロルフィングハウス フェスタ|ロルフィング

 

足はとても大切です。

何せ、身体を支えている接地面は足裏のみです(立位では)。ヨガでも足裏の使い方(足裏のどこで床を押すかとか土踏まずを引き上げるとか)はうるさくいいます。

また、足の状態がよろしくないと、腰痛や肩こりの原因にもなっていきます。

 

ということでセッション2では、主に足へのアプローチ。膝から下、そして足首、足の甲など。

 

前回のセッション後の様子など(セッション1-2のブログで書いた内容)をロルファーの大友さんに伝えたので、まず仙腸関節あたりへのアプローチがあったり、臨機応変に足以外も見てくれます。

いつものごとく、ただ身体に触れて、身体をみていきます。特に押したりはなく(時々、身体の状態によっては圧をかけられますが)、足を淡々と触っていきます。

 


 片足へのアプローチが終わったあと、1度立ってみて、左右の足裏の感覚、地面への接地の仕方などを観察。アプローチ終了した方の足裏は接地面が大きく、柔らかく地面にふわっと密着している感あり。左右で安定感が違う。

 


足首の回り具合も、回りづらかった所の詰まり感がとれ、だいたい左右同じ感じでスムーズに大きく回るようになってたり、着々と身体が整えられていく感じです。

 


 そろそろセッション終わるかな、、という頃に、再び骨盤周囲、胴体、首へのアプローチが始まりました。左仙腸関節にアプローチされている時に、左の頬骨あたりがふわっとしてきたというか、前回の奥歯周辺の口の中の空間が広がったのと同じ感じで広がってきた。「あ、ここも詰まってたんだな、、」と感じると同時に、「骨盤に起こる事は頭蓋にも起こる」というようなことをセッション中に聞いていたので、「そうか、仙腸関節と頬骨あたりの関節がリンクしているのだな。仙骨と蝶形骨はリンクしているというから、なるほど、それに繋がる関節同士がリンクしてるのはもっともだな」と、自分の身体を眺めていました。

 


 で、首の後ろにアプローチされているときに、眉間の内側あたりに、なんと形容していいのか、内側から暖かい粒子が表面に向かってぷぁーっと広がっていくような感覚が。それがひとしきり終わると、ひといき深い呼吸が、すぅ〜〜〜、ふぅ〜〜〜、と起こって現象がおさまっていく。で、その粒子が広がっていると同時に大友さんが、「そう、そう〜〜」と言っている。

 


続いて、どこをアプローチされていたのか覚えてないのですが、今度はさっきの暖かい粒子がみぞおちの辺りから胸郭内に広がって、また深い呼吸と共におさまっていく。と同時にまた大友さんが、「そう〜、そう〜〜」まるで私の身体の内側で起こっている事が見えているかのように私の身体に相槌をうっている。

 


この人はいったい何ものなのだろうか、、と心の声。

 


 で、不思議なことに、この暖かい粒子が広がっていく感覚っていうのが、なんていうかすごく優しくて、心地良くて、ちょっと感動的というか、ほんとに少し涙ぐんで、なんなのだろうこの体験は??と自分で驚いていました。

 


 セッション2では、骨盤回りや胴体にはあまりアプローチしないらしいのですが、身体に呼ばれるとアプローチせざるを得なくなってしまうと大友さん。で、骨盤から胴体、首とアプローチしたらしいのですが、結果的にチャクラ調整らしき事になったようです。

 


なるほど、あの、暖かい粒子が広がる感覚ってチャクラと関係していたんだと妙に腹落ち。エネルギーレベルの変化はあの粒子の感覚なのだなと、今のところは自分で勝手に感じています。

 


 この10シリーズは最終的には身体全体の統合をうたっています。その統合というのが、具体的に何の統合なのかよく分からず漠然としていたのですが、それはもちろん、物質的なレベルでの統合(全身の筋肉や内臓や膜などの物理的な組織の繋がりが良くなる)もあると思うのですが、なるほど。物質的なレベルとエネルギーレベルでの統合も含んでいるのだなと、このセッション2を受けて感じました。

 


エネルギーレベルでの統合も含むとなると、単純に物理的なものの統合をして、動きやすくなりました、とか身体の不調がなくなりました、よりももっと壮大なテーマになってくるよな、、ロルフィング。といった感じです。

 


ロルフィングって、何かひとつ掴みきれない感があったのですが、なんとなく、なんとなく、その掴みきれない部分が垣間見えた気がしました。

 


 あ、でもね。

チャクラ調整が入ったけど、その後何か変わったかと言えば、そんなに変わった感はないです。地味ーには変わってはいるのかな??

 


 それにしても。

 


人の身体とめちゃくちゃ仲良くおしゃべりしてる感のある大友さんを羨ましく感じると同時に、ちょっとジェラシーを感じるのは一体何なのでしょう?笑 

 


 生命は基本、生存のため良くなる方向(自然治癒とかホメオスタシスとか)に向かうのが本能としてある。だとしたら、その良くなる方向を手助けしてくれる何かしらの存在を見つけると、身体ってその存在にめっちゃ話しかけたりするのかな?、というのが今の疑問。

 


その存在が邪心や何かしらの意図をもってアプローチしたら、身体はその存在に対して閉じていくのかな?、とか。何も喋らない。

 


大友さんがよく口にするのは、ただ手を触れるだけ。良くしようとか、これはこうだからこうとかジャッジもしない、と。ただ身体の声にじっと耳を傾ける。

 


 これを読んでいると、大友さんてもの静かであまり喋らないイメージが湧きそうですね。。

 


でも実際はめっちゃ喋ります。神戸にも住んでいたことがあるとのことなので、時に関西弁でめっちゃ喋ります。お話し好きの気さくなお兄さんといった感じです。

 

まだあと8セッションある。

めっちゃ楽しみです。

 

f:id:lemouton:20200104223439j:image

ことこと家 ロルフィングスタイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、ことこと家ヨガスタジオ、なんとスタジオの場所を2回も移転するという(しかも4ヶ月間で)ハプニング!?に見舞われましたが、最終的にはいい場所を見つけられたのではないか、めでたしめでたしというところに落ち着いたところで新年、という一年でした。

 

途中、レッスンお休みさせて頂くなど、ご迷惑をおかけしましたが、皆さまのご協力のもと、新しい場所で再々スタートをきることができ、嬉しい限りでした。

 

昨年は新しい場所で、新しい風がことこと家に吹いてきました。

 

ひとつは、ヨーガのエッセンスがギュッと詰まっているとも言われる、バガヴァッド・ギーターを学ぶ機会がことこと家で得られた事。やはりヨーガはアーサナだけではなく、哲学を学ぶ事によって、人生がより味わい深いものになっていく。ヨーガの醍醐味とも言えます。

普段、ヨガのアーサナの練習をしていない方でも、インドに興味がある、とか、人間の存在に興味がある、とか、とにかくご興味ございましたら、どなたでもご参加いただけます。

 

そしてもうひとつは、ロルフィング

ヨガとはまた違ったアプローチで、身体と関わっていきますが、最終的にいきつくところは近いのかなとも思ったり。

私も現在、ロルフィングの10シリーズセッションを受けている最中で、ロルフィングとはなんぞや??というのを体験している途中ですが、

大変貴重な体験をさせていただいています。

ロルフィングは、身体に不調があるという方はもちろんですが、身体に興味がある、とか、生命に興味がある、とかいう方にもおすすめなボディワークと感じております。

 

今年も、皆さまにとって、喜びの多い一年となるよう、お祈り申し上げます。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・

◉1/4(土) 10:00 ベーシックヨガ

◉1/5(日) 10:00 フローヨガ

あります。休み中のお休みしていた身体にスイッチ入れましょう!

 

ことこと家ヨガスタジオ

後藤初美

 

f:id:lemouton:20200101215532j:image

夫、元旦の太陽礼拝。

年始ヨガレッスン

年始のヨガレッスンのご案内です。

4日(土) ハタヨガ・ベーシック
5日(日) ハタヨガ・フロー
※両日10:00〜11:30

※6日以降は通常レッスンとなります。


身体の中心、
意識の中心に、
呼吸と共にピッとスイッチを入れて、 
清々しい仕事初めを迎えましょう。

※チケットお持ちでない方はドロップイン(2,000円)でのご参加となります。両日ご参加される場合は、2日間で500円割引の3,500円とさせて頂きます。

 

※通常スケジュール

(月)ベーシックヨガ 19:30〜21:00

(水)フローヨガ 19:30〜21:00

(金)ベーシックヨガ 19:30〜21:00

(土)ベーシックヨガ 10:00〜11:30  

涌谷町総合型スポーツクラブ】

(木)ベーシックヨガ 13:30〜15:00

年初め、皆さんとヨガができるのを楽しみにしています!


f:id:lemouton:20191230235922j:image

 



[ロルフィング10]1-2

前回のセッション1-1はこちら。

ロルフィング10シリーズ セッション1 - ヨガ と ひつじ @ことこと家

 

前回は11/17だったので、一ヶ月と少し経ってます。その間に気がついたことなどを記しておきます。

 

前回は仙腸関節の詰まりについて書きました。

セッション終わったあとは、骨盤周りがふかふかしている感じで心地良い状態で、ずーーっとあった仙腸関節の詰まり感もなくなり、わーい、と喜んでいたけど、また詰まり感が戻ってきた。けど、ぎゅっと腰回りを締める癖があることにに気がついた( これは骨盤周りが一度ふかふかになったことによって気がつくことができたと思っています)、と。

その締める癖が仙腸関節の詰まり感の原因だと思って、ぎゅっと締めていることに気がついたら緩める、をしていれば良くなると思っていたのですが、結構詰まり感が戻ってきて、ちょっとがっかりしてました。

 

で、前回のブログでは詳細は書かなかったのですが、前回のセッションの時、首の後ろに手を触れられている時に、顎が動きだしたんです。自分では、「あ、顎がおどってるーー」と若干笑いをこらえながら、その自分の身体の反応を見ていました。すると、顎の内側、つまり奥歯の周辺にスペースができてきたんです。口の中の奥の空間が広がった。そうか、これが緩んでいる状態なんだと気がつき、「あ、私、普段顎の奥が力んでいるんだなー」と感じていました。(多分、ロルファーの方が触れることで、なぜかわからないけど、身体の緊張が緩む、もしくは元にあった自然の状態に身体自らが戻る、のだと思っています)

 

で、日常生活でもあの、口の奥の空間を広くする感覚を思い出して、再現していました。普段、奥歯を噛み締める、まではいかないのですが、わずかに顎の奥の方に力が入って空間をつぶすのも癖だったようです。

 

そうしたら。

 

なんと、仙腸関節の詰まり感が蘇ってこなくなったんです。完全には無くなってはないのですが、「あー、この詰まり感やだなーー」と拳でごりごりと自分でほぐすほどまではいかなくなっている状態が、今ここです。

暫く様子を見ていましたが、うん、蘇ってこない。

 

よくよく観察してみると、顎に力が入っていると、仙骨付近の腰回りにもわずかに緊張が入ることに気がついた。そりゃそうだ。顎と仙骨は背骨で繋がっている。

でも、そんな僅かな顎の力みで、そこまで仙腸関節が詰まるかなー?と疑問ではあるのですが。

 

今は仙腸関節の詰まり感がひどくないので、ルンルンです。笑

 

少ーしずつ、ロルファーの大友さんが良く書いたり、言っていたりする、

「からだが本来持っているしぜんな状態」とか「しぜんなからだ」

の言わんとすることが見えてきている今ここです。

 

本日これこら2回目のセッション。

まだ2回目、です。

 

楽しみです。

 

f:id:lemouton:20191229124159j:image

 

 

12月スケジュール

空気が肌に刺すように冷たくなってきました。

気持ちもキリッとしてきます。

 

12月スケジュールです。

基本スケジュール通りとなります。

【ことこと家ヨガスタジオ】

(火)ベーシックヨガ 19:30〜21:00

12月〜来年8月まで 火曜日のクラス→月曜日へと変更になります。 

(水)フローヨガ 19:30〜21:00

(金)ベーシックヨガ 19:30〜21:00

(土)ベーシックヨガ 10:00〜11:30  

 

涌谷町総合型スポーツクラブ】

(木)ベーシックヨガ 13:30〜15:00

 

◉バガヴァッド・ギーター 第三夜

Yogaのエッセンスがぎゅっとつまっていると言われているバガヴァッド・ギーター。

お茶を飲みながら、時に真剣に、時にわいわいとギーターを読み解いていきます。

12月21日(土)  17:45〜19:00

ドネーション 500円

詳細はホームページでご確認いただけます。

 宮城県遠田郡涌谷町のヨガスタジオ - ことこと家ヨガスタジオ

 

ロルフィング 個人セッション

山形はとんがりビル「Rolfing house festa」のロルファー、大友勇太さんがことこと家にて個人セッションをします。身体の声を尊重する時間。

ご興味ございまいたらぜひ。

12月28日(土)  &  29日(日)

詳細はHP・ロルフィングのページでご確認いただけます。

宮城県遠田郡涌谷町のヨガスタジオ - ことこと家ヨガスタジオ

 

f:id:lemouton:20191130175502j:image

トランスカンディアの花が咲いていました。

なんて可愛らしいのでしょう。

 

12月も皆様のお越しをお待ちしております!

 

[ロルフィング10]セッション1

さぁ、まずはセッション1〜自由な呼吸〜です。

ロルフィング10シリーズについてはこちら↓

東北 山形|ロルフィングハウス フェスタ|ロルフィング

 

まずは立った姿勢で身体のアライメントの確認。そして寝っ転がった姿勢で首や肩関節、股関節などの可動域をチェック。

そしてセッション開始。

大友さんのロルフィングはソフトタッチです。ほんとにただ身体に触れてるだけ。

そのタッチに身体が反応するらしいのですが、あまり体内に動きを感じないところもあれば、微かに反応したり、面白いくらい動き出す所があったり(そんなに大きくは動かないですが)。

すると、その反応に大友さんが反応して、さらにその反応に身体が反応して、そしてさらに、、、のやりとり。まさにセッション。即興のボディワーク。

ロルファーの方がただ触れているだけなので、身体の内側の微細な反応に意識が届きます。これが押したりなどの圧がかかると、その微細な反応を自分でキャッチできなくなる。なるほど、、、だから触れているだけなのね、と納得。自分で自分の身体で起こっていることを、脳が認識することが大事なんだそう。

 

おおよそ1時間半くらいの間、大友さんが身体の声を聞いてくれます。身体は身体でちゃんと聞いてくれる人がいるので、安心してか、ここぞとばかりにか、言いたいことを言い出す感じです。で、言い分を聞いてもらった身体は、なんというのか解けていくという感じ。内側にスペースができて、耕した土のようにふかふかしていくような。

 

セッション後の身体に結果として現れた変化は、骨盤周りがふかふかになり、だいぶ動きやすくなりました。実際に股関節の稼働域も広がり、仙腸関節にあった詰まっている感覚が解けました。

仙腸関節の詰まり感はここ何年もあって、ヨガの時のこの身体の使い方が原因だろう、と自分で予測を立てて気をつけていたのですが、なかなか改善せず、今回のセッションでそこが緩んだことで、ヨガの時ではなく、日常生活できゅっと締めている癖がある事に気がついた。(でもやっぱりきゅっと締める癖が抜けないようで、また少し詰まってる感が戻ってきたけど、あ、今きゅっと締めてる、と気がつくようになった) あとは、呼吸が大分深まりました。肋骨下部の広がりが大きくなった。自分の呼吸を、うぉーーー広がるーーー、と嬉々として観察してました。でも、呼吸はセッション4の骨盤底筋群へのアプローチで本格的に広がるという事で(骨盤底筋群は横隔膜と共に同じく、呼吸に深く関わる筋群です)、まじですか?! これからまだ深まるんですか!!?といった感じです。

 

まだまだ書きたいところですが、、、長くなるのでまとめ。

 

身体というのは、「私」とはある意味別のものであって。身体の使い手である(と思っている)「私」がこれまで好き勝手に生きてきた蓄積が身体にはあって(例えば、デスクワークばかりなので猫背気味とか、いつも緊張ばっかりしてるから浅い呼吸になっているとか、ハードワークで寝不足なので頭の奥がいつももやもやしてるとか)。身体はもしかしたら勘弁してくれよとか、もうちょっと優しく扱ってよとか思っていたり。その、身体の使い手が聞いてくれない身体の声を、優しく、丁寧に聞いてくれるのがロルファーの大友さん。

で、身体は言いたいことを言ったら満足してふっと元の状態に戻っていく、、、。(その言いたい事が不快感として身体に現れていたとしたら、それがふっとなくなるような)

そんな感じです。

 

いやー、次回もどんなセッションになるのか楽しみです。

 

f:id:lemouton:20191127164059j:image

次回もよろしくお願いいたします。

・・・・・

年末にセッションを予定しています。

ご興味ございましたら、お気軽にお問合せください。

f:id:lemouton:20191127170336j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロルフィング10シリーズレポート

ロルフィングという、身体中に隈なく巡っている``膜``にアプローチして身体のバランスを整えることで、より身体がらくになる、身体がより自然な状態を取り戻すのをサポートするというボディワークがあります。

ことこと家ヨガスタジオでは10月から、東北 山形|ロルフィングハウス フェスタ|ロルフィング

のロルファーである大友勇太さんに月に1度お越しいただいて、ロルフィングの説明会とセッションを受けられる日を設けています。

ロルフィングには10シリーズというレシピがあります。これは1回ずつテーマが設けられているセッションを順番に10回受けることで、より自然な状態の身体、全身のバランスの統合を目指していくというレシピです。

10シリーズ→ 東北 山形|ロルフィングハウス フェスタ|ロルフィング

 

ヨガとロルフィングは似ている所があります。

それはどちらも自分の身体を丁寧に感じて、観ていくこと。そしてどちらも身体にアプローチして身体が少しずつ変わっていくことで、精神面やマインドにも変化が起こっていくこと。

ロルフィングの説明会に参加した生徒さんも、ヨガと同じようなところもあるんですね、と感想をくれたりします。

 

そして、今回私も10シリーズのセッションを受ける事にしました。理由は、ロルフィングはかつて東京にいた時に受けた事はあったのですが、10シリーズではなく単発のセッションで、いつか10シリーズを受けたいなと遠い昔に思っていた事を思い出した事。笑

 

それから、その時受けたロルフィングは身体にオイルを塗って、まるでアイロンをかけるように身体に圧をかけていって、膜のシワを伸ばすかのようなクラシカルなスタイルだったのですが、大友さんはあまり圧をかけないかなりのソフトタッチスタイル(この辺はロルファーの方によって大分変わってくるそうです)で、ほぼ触れているだけに近いタッチということ。触れているだけで何が起こるのか?という疑問。

 

そして、大友さんがよく書いていたり、口にする、「からだが本来持っているしぜんな状態」とか「しぜんなからだ」とはいったいどういう事なのか(え?私達って不自然なの??)をこの身体で経験してみたい、身体で理解してみたい、というのが大きな理由です。

 

そんな私の個人的10セッションシリーズのレポを綴っていきたいと思います。

 

第1セッション終了したので綴りたいところですが、大分長くなったのでまた次回に綴ります。


f:id:lemouton:20191120173151j:image

 

f:id:lemouton:20191120173155j:image

ロルファーの大友さん。