ヨガ と ひつじ @ことこと家

ことこと家ヨガスタジオ 宮城県遠田郡涌谷町

ふ く あ つ

腹圧。

漢字で書くとなんだかおもしろくもなんともない感じですが、ひらがなだとなんだか愛嬌があるように感じられますね。。

先日、NHKで血管の特集ありました。見た方いらっしゃいました??
なんと恐ろしい事に毛細血管が消えて無くなっていくという、ひえ~~!!な映像が流れていました。いろいろな理由が原因で(睡眠不足・糖分の過剰摂取、加齢など)、毛細血管への血流が無くなることで毛細血管が消えていくというゴースト血管現象。血管は細胞に酸素や栄養素を送っている役割があるので、消えた毛細血管の周囲の組織の機能が衰えていく→肌のたるみや臓器の機能の低下、骨粗しょう症認知症などをもたらすとのこと。

そりゃぁ、酸素と栄養がなければ生きてはいけないわな、、と思いつつ、だからって血管自体が無くならなくてもいいんじゃない??とそのシビアさに痺れました。使われない筋肉の機能が低下していくのと同じですね。。 さすがに筋肉は消えてしまったりはしませんが。。 

で、血管が消えてしまわないためには、もちろん睡眠をきちんととる、暴飲暴食をしないなどという生活習慣の乱れを正すことと、適度な運動で血流を促すのが大切とのこと。

で、第二の心臓といわれているふくらはぎを使って血流改善!(ふくらはぎの筋肉が伸び縮みする事で血管に圧が加わり血流が下から上へと登っていく)ということで、スキップが推奨されていました。で、もうひとつが深呼吸。深呼吸をして横隔膜を動かすのが良いと。
でしょ?でしょ?? やっぱり横隔膜よね、いいこと言うね先生、なーんてキャッキャしてたのですが、が、テレビではこの横隔膜を動かすことの大切さはさらっと流されて、ふくらはぎメインの進行になっていました。ちょっとがっかり。

この横隔膜の運動(横隔膜も筋肉)もかなり大切です。
もちろんふくらはぎの運動も大切だけど、横隔膜を使った呼吸をすることで横隔膜を含むインナーマッスルのユニット全体が働いて、腹圧がかかり、内臓にも刺激がいき血流が促されます。また横隔膜を動かす腹式呼吸をすることで副交感神経が活発になり、末端への血流も促されます。
いいことだらけ。

これは私の実感ですが、ふくらはぎを使うことで下半身末端からの静脈・リンパの流れが心臓に向かうのを助け、横隔膜を動かすことで体内に刺激を与え身体の内側からの血流を促す。外から内からといった感じです。どっちも大切ですね。

ヨガでも呼吸法やアーサナで横隔膜を動かして、腹圧をコントロールしていくことが大切だったりします。そこを意識するかしないかで、アーサナの深まりにも違いが出てきます。この腹圧というのはとても奥深いです。

ということで  ふ く あ つ 。

クラスでも愛嬌のある感じでいきたいと思います。

f:id:lemouton:20180404073504j:image

スタジオのジャスミンの花が咲き始めました❤︎

4月スケジュール

だいぶ暖かくなり、やっと東北にも春が来る~ と嬉しさしみじみ。

暖かくなってくると身体も緩んでくるので、身体も軽々♪ 心もうきうきです。

冬はどうしても代謝が落ちて身体も重くなりがちなので、この暖かくなったすきに身体をどんどん動かして体内の巡りを活性化させて、今度は夏に向けて体力を養って思いっきり夏を楽しむ、というのがおすすめの過ごし方です。季節と共にめりはりのある生活を。

 

さて、4月のスケジュールをUPしました。

冬の間、足が遠のいていた皆さんもお待ちししてますよ♡

 

4月スケジュール

 

涌谷町総合型スポーツクラブでのヨガクラスも4月から週一回(木曜13:30~15:00)の開催となります。ことこと家ヨガスタジオのクラスは平日は夜のみのクラスとなりますので、平日の昼間しか行けないという方は、こちらもご検討いただければと思います。こちらのヨガクラスはことこと家ヨガスタジオとは料金体制が異なりますのでご注意ください。

[涌谷町総合型スポーツクラブ]

入会金3,000円 / 年会費2,000円 発生しますが、一回のクラスは500円で受講いただけます。 お申込み・詳細は涌谷町公民館(0229-43-3001)までお問い合わせください。

 

それでは4月も皆様のお越しをお待ちしております!

https://www.instagram.com/p/BDZ3tIWlM9U/

 

ことこと家ヨガスタジオ

後藤初美

 

ヨガと生理学

先々週の金曜日から月曜にかけて、お休みを頂いてヨガのワークショップを受けに東京に行っていました。ご協力頂いた皆さまありがとうございました!

 ワークショップの内容は、「ヨガ生理学集中コース」 。

ヨガのアーサナや呼吸法がどのような効果があるのか、またそれはどういう理由からなのかを生理学(生理学とは、生命現象を機能の側面から研究する生物学の一分野)の基礎をカバーしながら学んでいくという、なんとも興味深い内容でした。

 

骨、結合組織、筋肉、呼吸、循環(血液、リンパ)、神経系、内分泌等々、生命の働き、生命の維持を支えている生理現象。それらが全て潤滑に働き巡ることで体内のホメオスタシス(恒常性)が保たれています。身体は自分自身を最適の状態に、生命の働きをより良い状態に保とうとする力を持っています。ただやはり日常で慢性的に受けるストレスや、もしくは現代の生活環境などによって、その恒常性が崩れ、何かしらの不調がうまれてしまうことも多々あります。そんな時にヨガがどう役立つことができるのか、そんなことも学びました。

生理学をすべて勉強するとなると4日ではとてもカバーしきれないと思いますが、今回はヨガのアーサナや呼吸法が身体に及ぼす影響、効果の理由を生理学の基礎をカバーしながら学んでいくということでしたので、なんとか、というところでしょうか。

今回教えてくださった先生は指導歴20年近いヨガの指導者でもあり、またコロンビア大学の応用生理学において博士を取得されているという経歴をお持ちのベテラン先生。年齢は推定で60?70?歳ほどで、自然体でチャーミングなお方。笑顔がとても優しくて、私も年をとったらこんな風な物腰になりたい!と、新たな目標が生まれました。笑

内容もとても分かりやすく、終わってみて、本当に必要なところ、大切なところを基礎をカバーしながらシンプルにまとめて構成してある内容になっていたんだなぁとしみじみと感じております。

 

ヨガを続けていくにつれ、また生徒さんと日々接する中で、この現象はどういうこと?という疑問が生まれては、勉強して解消?解決?することもありますが、それでもまだ腑に落ちないところがあったり、?のままであることもあります。やはり、身体という自然現象は入り組んだシステムの上に成り立っており、また環境や個人の育ってきた経験なども身体に与える影響は大きく、そういった様々な現象のバランスの上で1人1人が在るので、一口にこれはこうだからこう!と断定できないところも沢山ありすぎます。

 

でも、生命現象の機能は万人共通。

そこを見ていく事で?が解けることもありますし、逆に個人差が際立って見えてきたりも。

 

今回のヨガ生理学集中WSを受けたことで、新しい発見もあり、&これまで断片的に自分の中に漂っていたものが、しゅっと一つににまとまったというか繋がったものもあり、手応えの多い四日間となりました。

 

今後のヨガクラス、さらにパワーアップして、ヨガが皆さんの生活に役立つようヨガをお伝えしていきたいと思います。

 

https://www.instagram.com/p/BE0V_eBlM4a/

ことこと家のお庭の花が咲き始めていますよ。

 

はつみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京の隠田ならぬ穏畑

昨日、公民館でのことヨガクラス最後の日でした。

今週金曜日3月2日以降のクラスはことこと家ヨガスタジオでの開催になります!ご予約が必要となりますのでお気を付け下さい。

(ちなみに3月2日のクラスは満席となりました。3日土曜は空いてます!)

 

昨日はフローのクラス。ここのところフローのクラスは人数が少なく、、淋しいです。

やはりちょっときついんですかね、、?  フロー好きの極少数の方々、いつもありがとうございます。笑

 

さて、話は変わって、、、

先日、東京に呼吸法の講座を受講しに帰省した際に、久々に谷中をちょこっと散歩しました。(谷中はいわゆる下町の観光地で、観光客も多い所。街並みになんだか風情があるところです)

で、お気に入りの裏道があるのですが、なんとそこには畑があるのです。

f:id:lemouton:20180228224330j:plain

右奥に見えるのは40階建てくらいのタワーマンション。

すぐ目の前は山手線が走っております。

畑の隣はお寺さんで、多分ここはお寺さんの畑かな、、?と。

初めてここの裏道を通った時は、畑がある!! とびっくりしたものです。

東京でも世田谷とか練馬だったら畑も普通にあったりしますが、谷中は一応山手線の内側です。

しかも、

f:id:lemouton:20180228225018j:plain

 

有機です。

 

東京の真ん中で悠々自適だな。。 と思いつつもほっこり。

 

あと。

f:id:lemouton:20180228225408j:plain

夜、実家の近くの道端でものすごく大きいわんこがうろうろ。。。

 

ではなく、飼い主さんは銀行のATMにいるらしく、きちんと紐で留められてましたよ。

 

大きい犬を見るとアドレナリンが湧き出るのはなんでなのでしょう?

三度見するくらいの大きさでしたよ。これが黒で場所も場所だったら完全に熊出没騒ぎです。(ま、熊にしては小さいけど)

 

そんなこんなな一泊二日の旅でした。

 

それでは次回から、ことこと家にて皆さんのお越しをお待ちしております!

 

はつみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガの呼吸法

先日、ヨガの呼吸法、プラーナヤーマの講座を受講してきました。

そう、プラーナヤーマ。

プラーナはいわゆる、気、です。

気合の気、元気の気、気になる木(←これは年代層が高くないとわからないか、、?)

何気なしに気になる木と出てきましたが、よくよく考えると気になるってどういうこと?ふと思い、ググってみました。 

goo国語辞書先生によると、心配になる、気にかかる、とのこと。何かの事が脳裏にちらついて離れない、自分の気が対象に持っていかれちゃうってこと、、、かな?

 

ちなみに”気”はgoo国語辞書先生によると、

  1. 生命・意識・心などの状態や働き。

    1. ㋐息。呼吸。「気が詰まりそうな部屋」

    2. ㋑意識。「気を失う」

    3. ㋒物事に反応する心の働き。「気を静める」

    4. ㋓精神の傾向。気質。「気が強い」

    5. ㋔精神の盛り上がり。気勢。「復興の気がみなぎる」

    6. ㋕気分。気持ち。「気が楽だ」「気が乗らない」

    7. ㋖あれこれ考える心の動き。心遣い。心配。「どうにも気になる」

    8. ㋗物事にひきつけられたり、人を恋い慕ったりする気持ち。興味。関心。「彼女に気がある」

    9. ㋘何かをしようとする、また何かしたいと思う心の動き。つもり。「どうする気だ」「やる気がある」

  1. 天地に生じる自然現象。空気・大気や、水蒸気などの気体。「山の気」

  1. あたりに漂う雰囲気。心に感じる周囲のようす。「陰鬱 (いんうつ) な気が漂う」

  1. ある物がもっている特有の香りや風味。「気の抜けたビール」

  1. 昔、中国で1年を24分した一つの、15日間。さらに3分した一つを候といい、気は3候からなる。節気。

 

こうやって改めて見るとなかなか面白い。

”気”はどうやらあちらこちらに動きたがる性質があるようですね。。

ヨガはまさしくそのあちこちに動きたがる気をコントロールして、ある一定の方向に流し、集めていくための訓練とも言えます。なぜならその方がより生きやすくなるからです。(この場合の生きやすい、は、生きるのが楽になるよ~ということではなく、より必要なこと、やるべきことに自分のエネルギーを効率よく使えるようになるとか、自分のやることに迷いとかがなくなってくるという意味です)

 

話を元に戻して、プラーナヤーマのプラーナは気、アーヤーマはコントロールする、拡張するという意味があります。 そう、プラーナヤーマとは呼吸を通して自分の気をコントロールするヨガのひとつの技法なのです。そしてプラーナヤーマは、体内の自理神経系の働きを最適化してくれるともいいます。

また、プラーナヤーマと瞑想は体を酸化させる活性酸素を減らすといったデータや、老化現象に関わるテロメアというDNAの繊維が短くなるのを防ぐ酵素が増える(テロメア細胞分裂をするたびに短くなるらしいのですが、分裂を繰り返して短かくなりすぎるとその細胞は分裂することができずに死んでしまう=老化現象なのだとか)というデータも出ているそう。さらに興奮をもたらすアドレナリンを下げ、副交感神経優位な状態にし、心身を落ち着かせるという神経伝達物質も増えるのだそう。

 

おそるべしプラーナヤーマ。そしておそるべしヨガの叡智。(代表的なプラーナヤーマで8種類ほどあります)

 

 

インドでもちょっと前まではアーサナがメインのヨガプログラムのパッケージが主流だったのが、いまはアーサナもするけどプラーナヤーマ→瞑想がメインという流れのプログラムパッケージが主流になっているとのこと。

まぁ、それだけストレス社会であるということの裏返しでもあるそうですが。

 

私もいそいそとプラーナヤーマの練習に励みたいと思います。

 

ここまでプラーナヤーマの凄さをさんざん述べてきましたが、、、、

もちろんアーサナも大切ですよ!

特に体をあまり動かさない&歩かなくなっている生活では特に。

また、アーサナはプラーナヤーマと瞑想に適した状態に体をもっていってくれます。

そのためのアーサナだ!!

 

というところで終わりにしたいと思います。

 

長々とお読みいただいてありがとうございました。

 

https://www.instagram.com/p/BMgE7T4hKBq/

(もうすぐ彼らも故郷に帰るのだな、、 としみじみ)

 

 

 

 

ことこと家ヨガスタジオでのヨガクラス、復活します!

 

冷え込む日々が相変わらず続いておりますが、皆様元気にお過ごしでしょうか?

 

さて、3月より、ことこと家ヨガスタジオでのヨガクラスを再開することとなりました。しばらくお休みいただいたり、再開したけどクラス数が少なかったりと皆様にはご迷惑をおかけしましたが、どうにか再開できる運びとなりました。クラス数は週4日となります。涌谷町スポーツクラブでの公民館でのヨガクラスも週一回とクラス数が増えまして、そちらと合わせるとと週5回のクラス開催となります。(ただし、涌谷町スポーツクラブヨガは料金体制がことこと家ヨガスタジオとは異なりますのでお気を付けください)

 

基本的にはことこと家ヨガ(略してことヨガ)のクラスは下記になります。

・火、水、金 の夜19:30~

・土曜の午前10:00~

 

涌谷町スポーツクラブヨガは、まだ確定していませんが、平日昼間での開催となります。(近々確定予定です)

 

下記リンクで詳細ご確認ください。

 

スケジュール 

 

クラス内容

 

料 金

 

これからもより良い形で皆様にヨガをお伝えできるよう精進していきます。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

初めての方も大歓迎です!

 

一緒にヨガを深めていきましょう~~。

 

f:id:lemouton:20180219233200j:plain

ことこと家ヨガスタジオ

後藤初美

自分の身体と仲良く。

 よく、生徒さんに、家でヨガをしたいけどどんなポーズ(アーサナ)をしていいかわからない、とか、ポーズがありすぎてどのポーズを練習したらいいかわからない、などの声を聞きます。

 

確かに。

 

基本的なポーズだけでも100前後はありますからね。。

 

沢山あるポーズですが、体幹のポジションという面からみると、おおまかに4種類に分けられます。

・前屈系(体感の屈曲と股関節の屈曲)

・後屈系(体幹の進展)

・側屈系(体幹の側屈)

・ねじり系(体幹の回旋)

 

それぞれの特徴。

 

・前屈系

f:id:lemouton:20180210222740j:plain

                    ジャーヌ・シルシャーサナ

骨盤から背骨を前へ倒していって頭を下げていくポーズ。

前屈が深まるにつれて、腰椎周辺が伸びて下半身の血行が良くなります。むくみや疲労の軽減にもおすすめ。脳が鎮められ、感覚機能がリラックスしていきます。

鎮静のエネルギー。

副交感神経UP。寝る前やリラックスしたいときにおすすめ。

 

・後屈系 

f:id:lemouton:20180210223301j:plain

                      プールヴォッターナ・アーサナ

背骨を後ろへ反らせて胸を開いていき、身体の前面を広げていきます。

交感神経を刺激するので、身体が活性化していきます。気持ちを晴れ晴れさせたい!、テンションを上げたい!ときにおすすめ。

覚醒のエネルギー。

(後屈系は身体に対する負荷も大きいので、いきなりやらないこと。ねじりで肩・背中をほぐしてからやりましょう。そして腰で反らない事。腰を痛めます)

 

・側屈系

f:id:lemouton:20180210230819j:plain

背骨を左右に曲げて体側を伸ばします。

左右均等にやることで身体の左右差を少なくして、歪みを解消していきます。

特にデスクワークでは体側は縮みやすく、肩こりや呼吸の浅さにつながりやすいので、まめに気持ちよ~く伸ばしてあげるのもおすすめです。体側の伸びは気持ちもすっきり!としていきます。

体側伸ばしは下のほうが分かりやすい&やりやすいかな。

f:id:lemouton:20180210231219j:plain


ヨガジャーナルから拝借。ちょっと画像が荒いですが、、。

 

・ねじり系

f:id:lemouton:20180210230404j:plain

                    アルダ・マツィエンドラーサナ

背骨を回旋させることで骨盤周辺や腹部内臓が絞られ、血行が良くなり内臓の機能が高められます。

肩回り・背中のこわばりもほぐしてくれるので、呼吸も深まりやすくなります。

背骨に沿って走っている自律神経の調整にもいいとされています。

 

ヨガのポーズはこちらのサイトがジャンル別に検索できて、便利です。

ジャンル別ヨガポーズ集 | ヨガジャーナル日本版

 

ストレスが多かったり、身体をあまり動かさない生活を送っていると、肩甲骨周りやみぞおちのあたりが硬くなる→横隔膜の動きも悪くなる→呼吸が浅くなる→自律神経のバランスが崩れる、といったパターンになりやすいので、背骨を動かして、体幹の動き(内側も)を良くしてあげることはとてもいい事です。

 

ヨガと自律神経に関しては前回の記事を参考にしてください。

kotoyoga.hatenadiary.jp

 

まずは、その時の自分の状態に合わせてポーズをひとつチョイスするのもいいですが、それぞれの種類からひとつずつピックアップしてやってみるのもいいですね。背骨をいろんな方向に動かすことで呼吸も深まりやすくなり、内臓にも良い刺激がいき、自律神経も調整されます。(順番としては、側屈→ツイスト→後屈→前屈&ツイスト がおすすめです)

 

座ってまたは横たわってやるポーズほどポーズの強度が低く、あまり頑張らずに身体を動かしたいときにいいです。例えば 同じツイストでも立って行うツイストポーズ(下の写真)は強度があがります。足腰を鍛えたい、全身をアクティブに使って身体を動かしたいときにおすすめです。ただし、強度の高いものをいきなりやると怪我をしやすいので、強度の低いものから順々にやっていくか、軽く身体を動かして身体をほぐしてからやりましょう。

f:id:lemouton:20180210232948j:plain

 

まとめると、、、

背骨の動きに焦点を当てた場合、ヨガのアーサナはおおまかに4種類にわけられる。

・前屈系(体感の屈曲と股関節の屈曲)

・後屈系(体幹の進展)

・側屈系(体幹の側屈)

・ねじり系(体幹の回旋)

 

それぞれの中でもアーサナの数はたくさんあるが、座位・仰向け・うつ伏せ(床と身体の接地面が多い)でやるアーサナは強度が低いものが多く、立位(床との接地面が少ない)のアーサナほど強度が高くなるものが多い。強度で選ぶのもよし。

*ただし、いきなり強度の強いものをやると怪我をしやすいので注意。

4種類まんべんなくやる場合は、側屈→ツイスト→後屈→前屈&ツイスト の順番がおすすめ。 ※後屈の後はチャイルドポーズのような背骨を丸めるポーズでリカバリーします。ツイストもリカバリーになります。

 

仕上げのシャバアーサナは忘れずに!

                 

ヨガの経験が長くなってくると、アーサナをとっているときの身体のエネルギーの感覚というのが身についてきますので、あまり考えなくても、あ、あのアーサナやりたいな、と身体が欲するようになってきたりもします。

 

自分の身体の状態を観る力、そして身体の状態に合わせて自分で自分の身体を調整していく力を養って、ご自分の身体と仲良くしていきましょう。